2015年

12月

23日

<樋口健二さんとアーサービナードさんのコラボ講演>報告1

『樋口健二さん&アーサー・ビナードさんwith山本太郎さん~今年も何もかも忘れちゃうのか
樋口健二さんと山本太郎さん。


原発作業員の放射線管理手帳の白血病死亡翌日に、中部電力による改ざん❗❗
太郎さんも、苦笑いで笑うしかない750ミリシーベルトをゼロに改ざん❗❗「こんなのあり得ないでしょう❗❔」と。

...

原発労働者を下級公務員(下級という言葉に反応した参加者があとでアンケートにありましたが、被曝後見捨てられた労働者たちは大学を出ていないため高卒でも可能な公務員の日本の決めた言い方が下級公務員なのです。労働者の実態を日本人は知らなさすぎるのだと樋口さんは言っています)にして補償するという樋口さんの願いを
太郎さんも内閣委員会で提案していたが立ち消えしていたため、
これからまたひとつの課題としてとりあげていってくれるなど
来年のための希望の話や、とても 中身の濃いtalkライブになりました。
このふたりを直接対面実現させたくて
叶ったことは嬉しかったです。
何故なら、労働者や被曝や差別問題が
人を人とも思わない原発社会をつくり続けているからです。

謙虚に「僕が無力で・・・」という太郎さんに、
「あなたは無力じゃない❗凄いことひとりでやってるんだ。そんなこと言うんじゃない。徹底的にやってくれ❗」と
力強く伝える樋口さん。
それに「徹底的にやります❗」と約束する太郎さんのこのふたりの男の約束を会場のみなさんも、感動して見守っていかれることと思います。

 

(魚ずみちえこさんのfacebook 記事より転載)